商 号(会社名)
会社設立サポート
行政書士中村岳司行政法務事務所
商号は、人でいう「氏名」と同じで法人である会社の氏名です。

人でいう「氏名」は誕生によって役所に出生届けをするように、法人である会社も法人登記により法務局に商号を届けます。
商号を決めるときの注意点
☆類似商号の規制が緩やかになりました。
  
    旧・・・同一市町村内での同じ商号または類似商号は使用できない。
    新・・・同一住所での類似商号は使用できない。

    よって、現在ではほとんど類似商号による規制は無いのと同じです。

☆商号の中に株式会社を「株式会社・・・・」 、「・・・・株式会社」のように必ずいれます。

☆使用文字の規制

   漢字、  ひらがな、  カタカナ、  ローマ字(小文字・大文字)、
 
   アラビア数字(0123456789)、  符号(「&」「’」「,」「−」「.」「・」)

   のみが使用できます。

☆会社の一部門をあらわす表現はできない。
 
   「・・・支店」   「・・・支社」    「・・・支部」 等

☆「銀行」 「信託」等の法律で特に認められた名称などは使えない。

☆公序良俗に反する商号は使用できない。

☆大企業などが使用している有名な称号は使えない。(法務局に問合せした方がよい。)
会社設立
 トップページ
株式会社概要
会社設立の費用
会社設立の流れ
会社設立の依頼
合同会社概要
会社設立時定款
会社設立時印鑑
事業年度
発 起 人
行政書士の業務
特定商取引に関する法律による表示
本店所在地
資本金
事業目的
発起人
取締役
代表取締役
監査役
取締役会
株式譲渡制限
発行可能株式総数
姉妹サイト
車庫証明・名義変更web
Aceクーリングオフ代行