行政書士中村岳司行政法務事務所
会社設立
トップページ
株式会社概要
会社設立の流れ
会社設立の費用
会社設立依頼
株式会社設立関連
ご依頼から登記完了までの手順
会社設立時の定款
会社設立時の印鑑
事業年度のきめ方
会社設立後の届出
会社名(商号)
本店所在地
資本金
事業目的
発起人
取締役(設立時)
代表取締役
監査役(置く場合)
取締役会を設置するか否か
株式譲渡制限を設けるか否か
発行可能株式総数
税務署への届出
会社設立後の銀行口座、融資、補助・助成金制度
都道府県税の役場への届出
合同・合名・合資会社
設立関連
合同会社概要
会社設立の流れ
会社設立の費用
合名・合資会社の概要
その他
メ ー ル
事務所業務案内
登記申請から登記完了
 までの流れ(実務)
(1) 管轄法務局に申請書類を提出

  設立する会社の代表者またはその代表者に委任された代理人が、「申請書類」「添付書類」「収入印紙」「印鑑届出書」を商業登記受付に提出します。いったん提出すると申請書類は原則返還されませんので、提出するまえに再度確認してください。
「申請書類」
  ◎設立登記申請書(収入印紙貼付台紙とホッチキス止め)
  ◎定款謄本(公証人の認証済みのもの)
  ◎設立時取締役、設立時代表取締役選任及び本店所在地決議書
  ◎就任承諾書(取締役・代表取締役等)
  ◎印鑑証明書(代表権のある者)
  ◎資本金払込証明書
  ◎資本金の額の計上に関する証明書
  ◎発起人の同意書(株式割り当て)
  ◎調査報告書(設立時取締役)
  など、提出書類は設立する会社の状況により多少変わるので、上記は一般的な参考としてみてください。

  また、申請書に補正等があった場合の連絡先として電話番号を記入しておきます。
(2)登記所での申請書類の調査

  提出した申請書類は、登記所の係官により細部のチェックをします。(誤字・不備等)
誤字・不備等があり、補正ができるようであれば申請書に書いた連絡先に電話等で連絡をします。
(3)補正と取り下げ

  上記で補正の連絡を受けたら、補正のため必要書類又は印鑑(申請書・添付書類で使用した)等を持って
管轄法務局に出向きます。
代表者又は代理人が出向きます。(実印等を代理人に預ける場合は、慎重に)
 補正ができないときは、「申請取り下げ」の手続きをして提出した申請書類等を受取ります。
(4)登記の完了
 
 申請書類等を提出した日から、約1週間程度で登記が完了します。
   (管轄法務局により多少変わります。)
申請時に完了予定日を教えてくれますので、その完了予定日までに補正等の連絡がなければ登記が完了したことになります。

 当日には、法務局内に備え付けの「印鑑カード交付申請書」を提出すれば、その場で無料で印鑑カードを発行してくれます。(但し、代表印を押印する必要がありますので当日代表印を持参するか、事前に書類を用意しておいてください。)
 また、「印鑑証明書」「登記事項等証明書」が取得できるようになりましたので、必要があれば必要部数取ってください(有料)。
車庫証明・名義変更
建設業許可
クーリングオフ代行
登記申請書
myweb1060001.gif
登記すべき事項
同意書と決議書