旧1円会社(確認会社)はこんなもの!
会社設立がネットで簡単にできる。株式会社、合同会社、合資・合名会社。
行政書士中村岳司行政法務事務所
電話・FAX:027−266−8710
普通の株式会社・有限会社の設立条件と大きく異なる点は資本金の優遇制度です。つまり株式会社は1000万円、有限会社300万円の最低資本金の枠がはずされていることです。資本金が1円でいいのです。
手続きとしてはおおむね普通の会社と同じ。ただ確認申請が必要になります。
この優遇制度は期間限定、つまり平成15年2月1日から平成20年3月31日までに設立する場合に適用されます。
誰でも無条件にとはいきません。条件があります。創業者は「事業を現在営んでいない人で、2か月以内に新たに会社を設立して、その会社を通じて事業を開始する具体的な計画を有する者」です。
1円会社設立から5年以内に株式会社なら1000万円、有限会社なら300万円の資本金まで増資する必要があります。
会社設立トップページ
株式会社の概要
旧有限会社の概要
合資・合名会社の概要
会社設立の流れ
ちょっと細かく説明!
確認申請・・・・・通常の会社設立にないこの申請は「経済産業局」に申請します。
          この申請が認められなければ1円会社はつくれません。この申請の中身には

          1:財務計画を2期分添付しなければなりませんと言ってもかたぐるしく
            考える必要はありません。そもそも未来のことを正確に予測できるこ
            とはないのですからあくまでも創業者の希望的予測の範囲なのです。
          2:創業者であることの誓約書を添付します。
          3:公証人に認証してもらった定款のコピー。
          4:事業を現在営んでいないことを証明する書面。  例えば
            ・サラリーマン等であれば(源泉徴収票の写し、雇用証明書など)
            ・主婦であれば(健康保険被保険者証の写しなど)
            ・失業者(雇用主が発行した退職証明書など)
            ・事業を廃止した者(廃業届出書の本人控えの写しなど)
            ・会社の代表権のある役員を辞任した者(会社の登記簿謄本など)

成立届・・・・・会社が登記完了したら管轄の経済産業局に「成立届」を提出します。
設立までの流れ
定款作成
定款の認証
確認申請書提出
出資金の払込
確認会社設立起案
商業登記申請
成立届
確認会社設立完了
(細かくは会社設立の流れを見てください。)
相談フォーム
FAXフォーム
設立依頼のご案内
特定商取引に関する表示
いろいろなリンク
関連お役立ちリンク
会社設立費用
(参考資料)
合同会社の概要
会社設立時定款
会社設立時の
印鑑
事業年度の決め方
商号(会社名)
本店所在地
資本金
事業目的
発起人
取締役
代表取締役
監査役
取締役会
株式譲渡制限
発行可能株式総数
姉妹サイト
車庫証明・名義変更web
Aceクーリングオフ代行
建設業許可
行政書士中村岳司行政法務事務所
東京
神奈川
埼玉
群馬
栃木
千葉
大阪
茨城
群馬
埼玉
栃木