会社設立に必要な印鑑
行政書士中村岳司行政法務事務所
会社設立登記時に会社代表者印(登録印)を届け出なければなりません。
また、銀行印・角印なども調製する方が多いようです。
会社代表者印
銀行印
この印鑑は絶対つくらなければならないというものではありません。たまに「会社代表者印」と兼ねる方もいらっしゃいますが、もしも他人にこの印鑑がわたってしまった場合などに会社の重要な契約や銀行から現金を引き出されたりと悪用された場合に被害が大きくなってしまいます。

できれば銀行印と他の印鑑とは別々のものにした方がいいでしょう。
角 印
角印は、領収書や請求書などに使われます。

日常的な運営業務などに多く使用します。

これも絶対作っておかなければならない印鑑ではありませんが、あればそれなりに便利かと思います。
上記の印鑑は、会社における3点セットとよく言われるものですが、他にも会社の所在地・会社名・電話番号が入った横判を作っておくのも便利です。
会社設立トップページ
株式会社概要
会社設立の流れ
会社設立費用
会社設立依頼
会社設立時定款
合同会社概要
メ ー ル
特定商取引に関する法律による表示
事業年度の決め方
FAXフォーム
商号(会社名)
本店所在地
資本金
事業目的
発起人
行政書士の業務
取締役
代表取締役
監査役
取締役会
株式譲渡制限
発行可能株式総数
姉妹サイト
車庫証明・名義変更web
Aceクーリングオフ代行
会社設立時に法務局に登録印として届出ます。会社の実印ということにになります。
代表印としての規格は、「印鑑の大きさは1辺の長さが1cmを超え、3cm以内の正方形におさまるもの」でなければなりません。
印鑑屋さんに注文する場合、規格等は知っていますので、安心です。

届出た印鑑を変更する場合は、印鑑(改印)届書を法務局に提出いたします。
建設業許可
行政書士中村岳司行政法務事務所
群馬
東京
神奈川
埼玉
栃木
千葉
大阪
茨城
栃木
群馬
埼玉