会社設立を代行いたします。
行政書士中村岳司行政法務事務所
株式譲渡制限
会社設立
トップページ
株式会社概要
合同会社概要
会社設立の流れ
会社設立費用
会社設立の依頼
会社設立時定款
会社設立時印鑑
商号(会社名)
本店所在地
資本金
事業年度
事業目的
発起人
取締役
代表取締役
監査役
取締役会
相談フォーム
FAXフォーム
GTX148529170
行政書士の業務
特定商取引に関する表示
株式は自由に譲渡できるのが原則ですが、定款に「株式譲渡制限規定」を設けることによって、会社にとって株主としてふさわしくない者が会社の株主になることを阻止することができます。
「定款の例」
A(株式の譲渡制限)

第○条

     当会社の株式を譲渡により取得するには、株主総会の承認を受けなければならない。




B(株式の譲渡制限)

第○条

     当会社の株式を譲渡により取得するには、取締役会の承認を受けなければならない。




C(株式の譲渡制限)

第○条

     当会社の株式を譲渡により取得するには、代表取締役の承認を受けなければならない。




D(株式の譲渡制限)

第○条

     当会社の株式を譲渡により取得するには、○○の承認を受けなければならない。

 2   
     次の各号に掲げる場合には前項の承認があったものとみなす。
   
    一 株主間の譲渡

    二 当会社の取締役又は従業員を譲受人とする譲渡    
以上、会社の機関構成によって様々な表現になります。

Aは取締役会を設置していない株式会社の場合に株主総会に「譲渡の承認」の権限を設けた場合。
  もちろん、取締役会設置会社でも(原則は取締役会ですが)株主総会に承認の権限を定款に定める
 ことにより与えることが可能になります。

Bは取締役会設置会社の場合。

Cは代表取締役に株式譲渡承認の権限を与える場合。

Dは一定の場合に、株式譲渡承認機関の承認を不要とした規定を加えた場合。
車庫証明・名義変更web
Aceクーリングオフ代行
姉妹サイト
発行可能株式総数