ご依頼から登記完了までの流れ
会社設立
行政書士中村岳司行政法務事務所
  1. 当事務所への会社設立代行の申込

  1. 会社の基本事項をメール等でお聞きします。
 ☆商号           (例 日本株式会社)
 ☆本店所在地       (例 東京都千代田区○町○丁目○番○号)ハイフンを使わないで
                   印鑑証明書に記載されているとおりに
 ☆目的           (例 1.コンピューターのソフトウェアの開発及び販売
                   2.飲食店の経営
  1. 芸能プロダクションの経営
                   4.前各号に付帯関連する一切の事業.)
☆発起人氏名・住所・引受株数
                 (例 日本太郎
                    東京都文京区○町1丁目2番3号  60株)
                 (例 日本次郎
                    神奈川県横浜市○町4丁目5番6号  40株) 
 ☆取締役氏名・住所   (例 日本次郎
                    神奈川県横浜市○区4丁目5番6号)
 ☆代表取締役氏名    (例 日本太郎)
 ☆資本金          (例 100万円)
 ☆事業年度        (例 4月1日〜3月31日)
 ☆取締役会を設置するかしないかの別
                   設置しない場合が多いようです。
 ☆監査役を置くのか置かないのか。
                   置かない場合が多いようです。
 ☆株券を発行するのかしないのか。
                   ほとんどの場合発行していません。
 ☆1株の金額        (例 1株1万円)  5万円とする場合も多いです。
 ☆発行可能株式の総数  (例 2000株)

  1.  2の情報を元に定款の原案を作成しお客様に送ります。(添付ファイル又はFAXで)

  1. 確認していただいた後、連絡をしてください。

  1. 公証人に事前チェックをしてもらい、O.Kがでれば、当方の電子署名を入れ正式な定款を作成し
      法務省のオンラインに流します。




<エコノミーコース>                            <完全代行コース>                         

          ↓                                        ↓
                            


  1. 手続き書類一式を作成し                      6.手続き書類一式を作成しお客様を訪問
     お客様に郵送いたします。                   ・発起人の個人通帳に資本金を入金し「入金者名欄と入金欄」
  (詳しい説明書が同封してありますのでご                 ・「通帳名義人欄」をコピーしていただきます。
   安心ください)                             ・必要書類に押印等をしていただきます。
                                       ・当方が公証役場・法務局に書類を提出します。
        (ご費用はこの時点でお預かりいたします)

  1. 書類が届きましたら、押印・日付記入・               7.  8番へ     
 資本金の個人通帳への入金後、入金欄のコピーを
 とっていただき、申請書類にセット後、公証役場・法務局
 に申請していただきます。
  (申請時に定款認証手数料50000円=現金と
  謄本代2000円登録免許税150000円=印紙が必要です。)




  1. 申請書類提出後、約7〜10日で会社の登記が完了し、登記事項証明書・印鑑証明書が取得できるようになります。
   (会社設立日は法務局に申請書類を提出した日です。)
 
会社設立の費用
会社設立
トップページ
株式会社概要
会社設立の流れ
合同会社概要
行政書士の業務
メ ー ル
当事務所の業務案内
車庫証明・名義変更
建設業許可
クーリングオフ代行
姉妹サイト: